共同利用申請

利用資格

  1. 大学又は高等専門学校の教育職員
  2. 国の機関及び独立行政法人の教育・研究職員
  3. 大学院生
  4. 大学の研究生、研修員
  5. 日本学術振興会特別研究員
  6. 学術研究を目的とするその他の研究機関で所長が認めたものに属し、専ら研究に従事する者
  7. その他、所長が特に適当と認めた者

利用までの流れ

  1. 「電波科学計算機実験(KDK)共同利用研究課題」申請書をダウンロードし、記入の上、指定のアドレスに電子メールで送信してください。(1月末日締切) >>>共同利用申請はこちら
  2. 採択課題の研究代表者宛に通知文が届きます。
  3. 採択課題の研究代表者は、利用許可通知に添付されている承諾書を郵送してください。
  4. 利用者毎に「大型計算機システム利用申請書(KDK)」を指定のアドレスに電子メールで送信してください。研究代表者および研究分担者が申請できます。研究代表者の学生については別途ご相談ください。
  5. 利用者登録番号が京都大学メディアセンターから郵送されます。

責務

  1. 交付された利用者番号を「京都大学情報セキュリティ対策基準」第54条に則り責任をもって適正に管理し、利用者番号およびパスワードの管理不十分による不正使用等を防止する責任を持っていただきます。
  2. 年度末に報告書をご提出いただきます。
  3. 年度末に開催するシンポジウムにて成果発表をお願いしています。
  4. A-KDKの運営上必要となる書類の作成にご協力をいただくことがあります。
  5. A-KDKを用いて得られた成果を論文等で発表する際にはAcknowledgementに記載をお願いします。

謝辞

A-KDKを用いて得られた成果を公表する際には、京都大学生存圏研究所「先端電波科学計算機実験装置(A-KDK)」を利用した旨を謝辞にお書き添えくださいますようお願いします。

(和文の例)
「本研究の成果(の一部)は京都大学生存圏研究所「先端電波科学計算機実験装置(A-KDK)」を利用して得られた者です。」

(英文の例)
"The computer simulation was (in part) performed on the A-KDK computer system at Research Institute for Sustainable Humanosphere, Kyoto University."

Copyright (C) A-KDK Web. All Rights Reserved.