京都大学生存圏研究所
『平成30年度電波科学計算機実験装置利用課題の公募について』

1.公募事項:
   電波科学計算機実験装置(KDK)を用いた共同利用

2.申請書:
   申請書本紙をダウンロード

   申請書別紙(研究組織票)をダウンロード

   申請書本紙と別紙を提出してください。
   (昨年度から申請書が変わりました。最新の申請書をご利用ください。)

3.申請期限:
   平成30年1月31日(水)

4.システム構成:    大規模分散並列向け (システムA :10064コア)
   小規模分散並列および解析向け(システムB :1656コア)
   メモリ共有型並列計算向け(システムC:ノードあたり3 TB)
   総ピーク性能は511.6 TFlops(2017年度)です。
   システムの詳細については以下をご参照ください。
   メイン・システム

5.その他:
   本共同利用では、生存圏の電波科学現象など生存圏科学に関する大規模計算機実験に関する研究課題を募集します。具体的には以下のカテゴリーに該当する課題です。

  • 宇宙プラズマ電磁環境解析(波動粒子相互作用、プラズマ波動解析等)
  • 宇宙機-プラズマ相互作用解析(衛星帯電、非化学推進等)
  • 中性大気波動力学解析
  • 電波応用、電波科学一般
  • その他の生存圏(森林圏、人間生活圏など)関連の計算機実験及び解析
  • 大規模計算機実験に有効な数値解析手法開発

5.申請書提出先:
   京都大学宇治地区事務部 研究協力課共同利用担当
   E-mail:kdk-kobo@rish.kyoto-u.ac.jp
   TEL 0774-38-3352

2018年度公募案内.txt · 最終更新: 2017/12/04 02:30 (外部編集)